稚内市みどりスポーツパーク施設使用予約はこちらから!

ウェブから各施設の使用予約ができます!

今すぐ予約したい方はここをクリック!

持続可能な次世代に繋がるクラブ運営

総合型地域スポーツクラブ

地域のニーズに応え続ける事

 持続可能なクラブであり続けるためには、前回も書きましたが、地域のニーズに応える事が基本だと思います。

 地域課題解決型のクラブは、課題解決する事がクラブの存在意義となります。

 未来創造型のクラブは、誰も気付かない地域の価値を活かす形で、誰も創造しなかった未来を実現し、夢や希望を与えてくれます。

 しかし、このニーズというものは厄介なもので、時代の流れの中で、常に変化してゆくものなのです。

 つまり、持続可能なクラブであり続けるためには、変化してゆくニーズに応え続ける必要がある訳です。

 では、この変わり続けるニーズをどのように捉えて行けば良いのでしょうか?

 様々な方法があると思いますが、私はもっとも地域とのコミュニケーションが大切だと考えてます。

 たわいもない世間話から、意外なヒントが隠されているものです。

指導者の確保

 ローカルスポーツを語る時に必ず出てくるのが指導者の確保です。

 どこもかしこも指導者が足りないのです。しかも、求められるのは優秀な指導者です。

 いつの時代も向上心の高い指導者はいるものです。しかしこの指導の質を向上させるというのは、言うは易し行うは難しです。

 現在はコロナ禍の影響で、オンラインでは様々な講習会が盛況ですが、最新の知識に触れる事が容易くなっている傾向はあります。

 しかし、その受講には高い費用が必要だったりするのです。

 ローカルエリアのスポーツ指導者は、ほとんどがボランティアとして活動しています。よって、その指導の質の向上に掛かる費用と時間は、指導者本人が負担する事が常識となってしまいます。

しっかりとした職業や仕事に仕事に就いて、財政的に余力のある方でしたら可能ですが、生活費を削って捻出しているのだとしたら、どうでしょう。

 その指導者の熱意には敬服しますが、そのような環境で長続きするでしょうか?また、後進の育成が進むでしょうか?

 やはり、私は職業としての指導者が育つ環境が必要だと考えています。その環境の一つに「総合型地域スポーツクラブ」が担うことができれば素晴らしいことだと思いませんか?

 もちろん、ローカルスポーツ環境を下支えしているのは、ボランティア指導者の存在である事には違いありません。

 しかし、指導者がよりレベルの高い指導者を目指す土壌がないと、このボランティア指導者による指導体制は、持続可能な取り組みに繋がっていかないと思います。

トップアスリートのセカンドキャリア

 最近、トップアスリートのセカンドキャリアという言葉を聞くようになりました。

 国際舞台で活躍した選手が現役を引退した後に、第2の人生として選ぶ職業や仕事のことだと捉えていますが、そうした方々が「総合型地域スポーツクラブ」の活動に携わるという選択肢はないのでしょうか?

 指導を受ける選手(子供から大人まで)も、そうした指導者(元トップアスリート)に直接指導を受けられるすれば、これほどの刺激は無いのではないでしょうか!

 そんな指導者がいるスポーツクラブが作れたら・・・そんな夢物語なんて・・・

 でも現実に国内に存在するのをご存知でしょうか!!(機会があればご紹介します)

 なので不可能ではないと言う事です!(実現を目指します!)

 また、市内在住で活動しながら大きな舞台で活躍する選手が、進学を機に市外の名門学校へ出てしまうという問題も存在します。

 なぜ、出てしまうのでしょうか?そうです。本人が望む練習環境や指導者が無いことが理由の一つではないでしょうか?

 やはり、総合型地域スポーツクラブの存在意義は、この練習環境と指導者を用意する事だと思うのです。

 これを実現する方法として、パラレルキャリアという発想があります。

 どういう事かと言いますと、高校や大学を卒業した選手が、就職先の理解や協力さえ得られればスポーツ活動を継続する事も、現役を退いた後も、地域のスポーツ指導者としてキャリアを積むことができるのです。

近年、企業も副業や兼業を認める傾向が進みつつあり、これが広がる事で、多くの人材やスキルが相互に作用し合い、企業にとっても社員個人は勿論世の中にとっても大きな恩恵をもたらすのではないでしょうか?

 この環境を作ることが出来れば、スポーツに長けた人材が市内に止まりUターンも期待できるはずです。

 この「総合型地域スポーツクラブ」は行政も力も不可欠です。スポーツを核にした町づくり地域づくりといっても過言ではないのではないでしょうか!!


 理想のスポーツ環境づくりには、行政や企業の支えが必要です!

 一緒にスポーツで元気な町づくりを実現しませんか?

 共感して頂いた方はシェア、いいね、メッセージ頂ければ嬉しいです。

 今回は以上です。

 次回は「トップ選手を輩出して稚内の誇りに」というタイトルでお届けする予定です。

 記事投稿者:古川

コメント

タイトルとURLをコピーしました